新車を100万円以下で買いたい!?

tejun

 

車を購入するにあたっては、いろいろな理由、都合のある人がいるのではないでしょうか。

 

高級外車を趣味のために買う人、格安の中古車を生活の足として買う人。人生そのときどきいろいろな状況があり、それによって良くも悪くも車の購入資金というのは変化していきます。

 

もし100万以下という条件があり、それを中古車ではなく新車で購入したいとするとどのような選択肢になるのか、またその中でおすすめはどのような車種になるのかといった視点で考えてみたいと思います。
金額はあくまで車両本体価格であり、購入にあたっては他に諸費用がかかります。

 

ズバリ100万円以下で買える新車は!

tejun

です。

 

さらにOEMを加えると、

  • ピクシスエポック(トヨタ):ダイハツミライースのOEM
  • プレオ(スバル):ダイハツミラのOEM
  • プレオプラス(スバル):ダイハツミライースのOEM
  • キャロル(マツダ):スズキアルトのOEM

となります。

 

OEMとはOriginal Equipment Manufacturing(Manufacturer)の略で、他社メーカーで製造されている車を販売することをいいます。

 

他にも軽のトラックがありますが、今回は割愛します。

 

結果としては100万円以下で買える新車は軽自動車。とくに軽トールワゴンではなく、軽セダンということになります。またこれらの車種でもグレードによっては100万円を超えることになります。

 

新車の無料見積ならオートックワン!

 

おすすめは?

ではその中でもどの車がいいのか?

 

基本的にOEMを考えなければスズキかダイハツという選択になりますが、これは好みの問題になるのではないでしょうか。スズキは先頃燃費不正問題が取り沙汰されイメージを落としていますが軽自動車製造の技術としてはNO.1です。

 

ダイハツはCMがとても上手というイメージがあります。トヨタ資本が入っていて、このたびトヨタの子会社となることが決まりました。トヨタの傘下だからサービスもトヨタなみかというとまったくそういうことはないようです。

 

私のおすすめはアルトです。

 

OEMとの違い

OEMと元々の車種とは一部架装が違うだけで基本的に同じ車です。エンブレムやグリルの形状が違うといった程度です。

 

実際に購入後はどうかというと、修理のときにOEM供給元(例えばスズキ)ならわかるが、OEM供給先(例えばマツダ)ではわかないという事象もあるようです。このように内部的にはいろいろとあるようですが、購入者としては関係ないところです。

 

結果的にはディーラーとの付き合い、ブランドイメージ、ディーラーのサービスの違いなどで選べばいいと思います。

 

私のおすすめはトヨタです。

 

まとめ

以上、100万円以下で買える新車について紹介してきましたが、正直なところ選択肢は狭く、また軽のしかもグレードが限られてくるとなると新車としての喜びはあるのだろうか?というのが正直なところです。

 

そこで私のおススメは中古車です。この予算であれば中古車を選択すべきでしょう。中古車なら未使用車から年式の古い高級車まで100万円という予算で様々な選択肢があります。

 

また「そこまでこだわらないよ」ということなら、なおのこと新車にこだわらずに格安高年式高性能の中古の軽自動車を買うべきです。

 

100万円以下で買える新車を探してみる

 

100万円以下で買える未使用車を探してみる

 

100万円以下で買える中古車を探してみる

 

Top⇒新車見積もりサイト