新車見積もりサイト

車をお得に購入する6つのコツ!

車をお得に購入する6つのコツ!

「生活必需品として迫られて」、「ちょっと余裕が出たから車でも買うか」、「今乗っている車が古くなっていきたから新しい車を買うか」。

 

人によって理由は様々だと思いますが、車を購入しようと思うことがあると思います。車は高い買い物。できるだけお得に安い費用で、かつなるべく高い価値の車を購入してより高い満足感を得たいものです。

 

車を購入するにあたって、なるべくお得に車を購入するにはちょっとしたコツがあります。今回は車をお得に購入するコツを新車を中心に見ていきたいと思います。

 

車は決算期に買うべし!

ninniku

 

新車とは価格が決まっていていつでも同じ価格で販売されているものと思われがちです。しかし、ディーラーなどの販売会社には決算というものがあります。年に二回の決算期は決算をよくするために販売会社はなるべく在庫をはきたいものなのです。

 

そこでより多く在庫をはくために販売価格を安くするのです。1、2、3月の年度末決算期、8、9月の中間決算期。このふたつがねらい目です。

 

また6月、7月のボーナス期、12月の年末商戦もサラリーマンの賞与を当てこんで販売のチャンスとなりますので、より多く販売しようと販売価格が安くなる傾向があります。

 

相見積を取るべし!

普通企業で務めていて、会社の経費で物品を購入する場合、相見積は必須ではないでしょうか?自動車を購入する場合も当然これは当てはまります。

 

まず最初は競合する車種の相見積です。プリウスならグレイス、アクアならフィット、ヴォクシーならセレナ、タントならN-BOXなどなど。ディーラーに行って見積もりをもらうのです。ただしその段階ではなるべくオプションは付けないで。

 

後述しますが、オプションの割引というのは結構大きいもので、車両本体からどれくらいの割引があるのかわからなくなるからです。

 

またディーラー間の相見積もいい手です。同じ車種を違う販売会社が売っているということもありますので、それぞれのディーラーから相見積を取ります。

 

今乗っている車を高く売ろう!

今売っている車をなるべく高く売りましょう。下取り、買取という方法があります。これも相見積と同じように下取りも複数のディーラー、買取業者にしてもらいます。

 

かつて下取り査定が有料であったりということがありましたが、最近は無料で査定するのが当たり前になっています。また買取は買取業者に依頼するのですが、webで「一括買取査定」サイトを探せば、ワンクリックで複数業者が買取査定に来てくれます。

 

オプションでの値引きをねらいましょう!

車の本体価格とは別にオプションの値引きがあります。より価格の高いオプションは大きな値引きが期待できます。

 

特にナビなどがこれに当てはまります。また最近は「オプション○○円プレゼント」などという宣伝方法もありますので利用しない手はありません。

 

オプションの値引きは交渉の最終段階での最後の一手としても有効で、交渉がまとまりかけてこれ以上値引きが期待できないときに、「ではこのオプションをつけてくれたら契約します」などと言ってみるのもひとつの手です。

 

交渉、交渉、また交渉!

さて、下取り査定を含めた相見積、買取査定が出ましたら、次はより安い見積もり、より高い査定を求めて交渉をします。

 

「○○は○○円にしてくれました」。そんな話をしながら少しでも都合のいい金額にしてもらうようにするのです。ただし最近気をつけなければならないのは、買取業者は大丈夫ですが、あまりしつこく交渉するとディーラーによってはクレーマー扱いされるところもあります(まあそんなディーラーはその後のつきあいも考えると選択すべきではないとおもいますが)。

 

また最近は「ワンプライス」などという言葉もあり、一切交渉に応じない強気なディーラーもあるのでそういうところとは交渉しても時間の無駄です。

 

ディーラー以外から買うこともできる!

もともとディーラー以外でも車は買えました。サブディーラーと言ったり、街の自動車工場であったり、よくディーラーでもないのにメーカーの看板を掲げている小さな工場やお店があると思います。

 

また最近は中古車店も買取業者も新車を販売するようになりました。その他にオニキスなどの違った販売形態の販売会社もあります。いずれにしても意外とディーラーより安い見積金額を提示してくるところが多いので一度聞いてみるべきだと思います。

 

そのような形で購入して、整備等は信頼できるディーラーにお願いしてもいいでしょう。ディーラーは新車の販売もしていますが、実は収入のメインは整備や部品販売だったりしますので遠慮する必要はありません。

 

新古車、良質の中古車も選択肢のうち!

新車という言葉にこだわらないのであれば、新古車(未使用車)や中古車も選択肢に入ります。特に走行距離10,000km未満の新古車はほとんど新車と同じです。新車ではないという理由だけで数十万円安く販売しています。これもお得な購入方法のひとつです。

 

以上、主に新車について車をお得に購入するコツを見てきました。要は計画的に、安い時期の契約成立を目指して早めに、そして時間をじっくりかけて業者を選定、交渉していくことです。

 

最後に

最後にもうひとつ。購入にあたっては試乗車に乗るとおもいますが、極端な話ちょっと試乗車に乗っただけでその車のことはわかりません。やりすぎと思われるかもしれませんが、万全を期すならなるべく同じ車種をレンタカーで借りて2〜3日乗ってみるのも満足なカーライフを送るためのひとつの方法です。
長い目でみれば、言ってみればこれもひとつの車をお得に購入するコツです。

 

Top⇒新車見積もりサイトってなに?