新車見積もりサイト

下取りと買取の違い!

下取りと買取の違い!知っておくべきメリット・デメリット!

ninniku

 

車を購入するときに考えなければならないことに、それまで乗っていた車をどうするかということがあります。もちろん今まで車に乗っていなくてはじめて車を購入する人は考える必要はありません。

 

通常考えられる今まで乗っていた車の扱いは、下取りと買取りになると思います。下取りとはディーラーなどこれから車を購入しようとしている店舗で買い取ってもらうこと。

 

買取りとは車を買い取ることを生業としている業者に車を買い取ってもらうことです。下取りと買取りの違いを考える上で一番わかりやすいのは、それぞれのメリットとデメリットをみていくことだと思います。

 

下取りのメリット

ディーラーなどこれから車を購入しようとしているところで車を買い取ってもらう下取りのメリットはなにより手間が少ないことです。新車の見積もりをもらうときについでに下取り査定をしてもらうことができます。

 

また車購入の経費計算も楽で、見積もりに入れ込んでもらうことができるので、新車購入にいったいいくらかかるのかが一目瞭然です。次に見積もりの際の値引き交渉で、どうしてもこれ以上進展がない、安くならないといった際に、下取り額で調整してもらいトータルコストを下げるということもあります。

 

また車の乗り換えに関して、査定時から新車納車までに買取り価格が変動することがないため、新車納車の際に下取り車を渡すことができますので、代車などに乗り換えたりという面倒くささもありません。

 

下取りのデメリット

下取りの一番のデメリットはなんといっても一般的に買取りに比べて買取り価格が安いことです。

 

また、下取り車の価格相場の変動に鈍感であり、仮にその車種、色が人気があってもそれが価格に加味されないことが多いです。またナビやホイールをはじめとした所有者のこだわりのパーツなどがほとんど評価されません。

 

買取りのメリット

買取りのメリットといえばやはり買取り価格の高さが挙げられます。またその車を新車で購入してから、社外品などでこだわりのカスタマイズなどをしてきていると高く評価されることがあります。

 

さらに人気車種、人気色など、その時々の流行に合わせた買取りの相場価格に敏感であり、状況によっては驚くほどの価格で買い取ってもらえることがあります。

 

買取りのデメリット

買取りのデメリットはいろいろと手間がかかることです。買取り業者に連絡をして、それが数社に渡るときは都度対応、交渉しなければなりません。その交渉の中では、たとえば「1週間後までにお渡しいただければ○○円で買い取りします。」などと条件がつくことがあります。

 

これは買取り相場が日々変わるため、価格が変動し、それにより買取り業者に損がでることがあるからです。たいていは古い代車を貸してはくれますが、しばらくは我慢が必要になります。

 

まとめ

このように下取りと買取りにはメリット、デメリットがあることがおわかりいただけたでしょうか。何年か前までは車の買い替えといえば下取りが普通でしたが、よりお得に車を乗り換えようと最近のユーザーは買取りを選ぶ方が増えてきているようです。

 

特に買取り業界のシステムも次々に発展していて、ちょっとググると「車買取り一括査定」などという言葉がよく見受けらます。すごいところだと申し込みのボタンをクリックした5秒後に電話がかかってきたりします。

 

また新車購入の値引き交渉などの商談も楽しいものですが、車買取りの価格交渉もおもしろいものです。また下取りと同じように名義変更等の手続きもきちんとしてくれますので、私は買取りの方がおススメです。

 

ひとつ気をつけなければならないのは、査定業者が何社も現れたり、しつこかったりということもあります。ある程度のところで見切りをつけないととても面倒くさいことになりかねません。

 

Top⇒新車見積もりサイトってなに?